たくみ じゅんの「個人台頭の時代」へ!!〜ただいま山林開拓中〜

「人口減少社会」の在野の研究者。「人口減少社会」の行き着く先に「個人台頭の時代」が見えてきました。大磯に山林所有。

ちきりんさんやイケダハヤトさんの記事読むと、会社員負け組的な煽りがすごいけど、全然そんなことないですよ^_^

写真は大磯のとある真夏の昼下がり。


f:id:takumi_jun:20150804195700j:plain


⚫️会社員は最高!


安定的に仕事がもらえ、決まった日に給料が振り込まれる。これって実は凄いこと。

しかも解雇は余程のことがない限りされないし、信用ある会社ならその看板借りて日常的に有利な取引ができる。

更に更に、有休や祝日あわせれば、多くの会社で一年の三分の一がお休み。

勤務時間さえしっかり仕事すれば、他の時間でやりたい事やり放題!

それに子供いる人にとっては、安定した収入あることが何より大事ですよね。




⚫️フリーの人、世界的金融危機でも大丈夫?


個人的に会社員をお勧めしてる一番の理由がこれ。容赦ないんですよね、マーケットが収縮するときって。能力も才能もあるのに、独立一本槍してたら、金融危機の最中に消えた人、たーくさんいます。

会社員だと、会社がそのリスクを中和してくれるんです。だから倒産さえしない限り、世界的な恐慌があろうと、会社員はボーナス減額程度の影響ですむわけです。



⚫️会社員も別に事業運営するのは自己実現やアップサイド狙い


会社だって、リスクの低い事業から安定的なリターンをもらえると、その事業を柱に新たな新機軸作りに行きます。当然の成長戦略です。

会社員でありながら別に事業運営するのはそれと一緒です。

事業によっては少額でできますし、時間的制約なんて、予算の制約と本質は同じ。そこを乗り越えればニッチな世界で自分の居場所ができる。何より、すぐに事業できるテクノロジーをみんなが普通にもってるわけで。


ということで、会社員はすごく恵まれてるし、更に自分の事業という組合わせが最強なんじゃない?というお話でした!