たくみ じゅんの「個人台頭の時代」へ!!〜ただいま山林開拓中〜

「人口減少社会」の在野の研究者。「人口減少社会」の行き着く先に「個人台頭の時代」が見えてきました。大磯に山林所有。

不思議な体験


f:id:takumi_jun:20180103170904j:plain


世の中には超常現象といった説明のつかない不思議なことがあると言われます。


個人的にはそういうことはあり得ると思っています。


単純な話、全ての物事を今わかってることで説明し尽くせるというのは、さすがにちょっと傲慢な気がするからです。


仮にそういう出来事に遭遇しても、恐怖はあまりなく、むしろ別の世界があることの立証ができる分、知識欲を満たしてくれるのではないかと。


振り返ってみると、僕自身に4つほどそういう経験がありました。なぜそれを書く気になったかというと、4つめの体験を昨日したからです。


順番に書いていきます。


1つめ、子供の頃でした。亡くなった祖父から家に電話があり、僕が受話器をとりました。娘である僕の母の名を二回呼んで切れた謎の電話でしたが、受話器越しにそれが祖父からのものだと直感で理解しました。念のため、親戚に親経由で確認してもらいましたが、当然そのような電話をした人はいませんでした。死後時間が経っていたのに、なぜあのタイミングだったのかは今もわかりません。

ちなみに、祖父は僕の名付け親です。祖父は、僕に名前をつけるとき、僕の今の名前とじゅんという名前の二択で迷っていたとのことだったので、このブログではじゅんと名乗っています。さらに言うと、僕の息子は祖父の漢字を一つもらっています。


2つめ、高校生の頃。父と弟と三人で同じ部屋にいるとき、突然、本当に突然、僕の名前を呼ぶ声がはっきりと聞こえました。弟も聞こえており、弟も僕も父を見ましたが、父は何も言っていないしそんな声も聞こえなかったとポカンとしていました。その声が誰の声なのかは弟も僕も未だに分かりません。


3つめ、社会人生活にも慣れた10年近く前、父が急に亡くなり、離婚し1人になった父の家の片付けを、兄弟でしている最中でした。

兄と弟は食事の調達に出かけ、父の家に1人で残った僕は、感傷的になり誰もいないところで父に語りかけたのです。ありがとうという感謝の気持ち。そこから覚えているのは、背中に寒気が走り、部屋の電気が消えたと思ったらまた光り、その後も何回か点滅を繰り返したこと。父からのメッセージでした。近親者が死ぬと、親しい人にメッセージが届くことがある。話には聞いた事がありましたが、現実にあるんだと確信した瞬間でした。


四つめ、昨日のことです。と、ここまで書いておいて今更気づいたのですが、文字にできるだけの整理ができてなくて、、すみませんが、四つめについてはまたそのうちの記載とさせてください。。これについても、家族の間で起きていることです。



普段は社会のルールの中で複数の役割を果たすことに精一杯の日々で、ひょっとしたら似たようなことは他にもたくさん起きているのかも知れません。目先の優先順位は明確な中で、不思議なことに常に気をとられるわけにもいきませんが、どんなに仕事に追われても、たまに少し立ち止まり、空を見て、星を見て、海を見て、きれいだなと思う位の感性は持ち続けたいものです。