たくみ じゅんの「個人台頭の時代」へ!!〜ただいま山林開拓中〜

「人口減少社会」の在野の研究者。「人口減少社会」の行き着く先に「個人台頭の時代」が見えてきました。大磯に山林所有。

里山

f:id:takumi_jun:20180106163119j:plain


本日も山林開拓をしてきました。今は虫もいないので、草刈りが進みやすいです。


大磯駅から歩いて15分ほどにありますが、人が踏み入った形跡はあまりなく、道らしきものはあらかた猪の獣道。

春先までにある程度敷地内を歩けるようにしたいと思います。


自分の敷地は小さな山の南斜面にあり、大磯の街と海を見下ろす位置にあります。街からの距離的にも、里山の一部といっていいと思います。


湘南平を取り囲むこのあたりの里山の広さはあわせると76haほどあるらしく、あらかた私有林のはずですが、山道近くの場所を除くと手入れをされているようにはあまり見えません。


日本全国に似たような状況の山林がたくさんあるのかと思うと、勿体無いような気がしてきますね。





不思議な体験


f:id:takumi_jun:20180103170904j:plain


世の中には超常現象といった説明のつかない不思議なことがあると言われます。


個人的にはそういうことはあり得ると思っています。


単純な話、全ての物事を今わかってることで説明し尽くせるというのは、さすがにちょっと傲慢な気がするからです。


仮にそういう出来事に遭遇しても、恐怖はあまりなく、むしろ別の世界があることの立証ができる分、知識欲を満たしてくれるのではないかと。


振り返ってみると、僕自身に4つほどそういう経験がありました。なぜそれを書く気になったかというと、4つめの体験を昨日したからです。


順番に書いていきます。


1つめ、子供の頃でした。亡くなった祖父から家に電話があり、僕が受話器をとりました。娘である僕の母の名を二回呼んで切れた謎の電話でしたが、受話器越しにそれが祖父からのものだと直感で理解しました。念のため、親戚に親経由で確認してもらいましたが、当然そのような電話をした人はいませんでした。死後時間が経っていたのに、なぜあのタイミングだったのかは今もわかりません。

ちなみに、祖父は僕の名付け親です。祖父は、僕に名前をつけるとき、僕の今の名前とじゅんという名前の二択で迷っていたとのことだったので、このブログではじゅんと名乗っています。さらに言うと、僕の息子は祖父の漢字を一つもらっています。


2つめ、高校生の頃。父と弟と三人で同じ部屋にいるとき、突然、本当に突然、僕の名前を呼ぶ声がはっきりと聞こえました。弟も聞こえており、弟も僕も父を見ましたが、父は何も言っていないしそんな声も聞こえなかったとポカンとしていました。その声が誰の声なのかは弟も僕も未だに分かりません。


3つめ、社会人生活にも慣れた10年近く前、父が急に亡くなり、離婚し1人になった父の家の片付けを、兄弟でしている最中でした。

兄と弟は食事の調達に出かけ、父の家に1人で残った僕は、感傷的になり誰もいないところで父に語りかけたのです。ありがとうという感謝の気持ち。そこから覚えているのは、背中に寒気が走り、部屋の電気が消えたと思ったらまた光り、その後も何回か点滅を繰り返したこと。父からのメッセージでした。近親者が死ぬと、親しい人にメッセージが届くことがある。話には聞いた事がありましたが、現実にあるんだと確信した瞬間でした。


四つめ、昨日のことです。と、ここまで書いておいて今更気づいたのですが、文字にできるだけの整理ができてなくて、、すみませんが、四つめについてはまたそのうちの記載とさせてください。。これについても、家族の間で起きていることです。



普段は社会のルールの中で複数の役割を果たすことに精一杯の日々で、ひょっとしたら似たようなことは他にもたくさん起きているのかも知れません。目先の優先順位は明確な中で、不思議なことに常に気をとられるわけにもいきませんが、どんなに仕事に追われても、たまに少し立ち止まり、空を見て、星を見て、海を見て、きれいだなと思う位の感性は持ち続けたいものです。






久しぶりの山林開拓

f:id:takumi_jun:20180103141246j:plain

f:id:takumi_jun:20180103170848j:plain


久しぶりに山林開拓をしました。


小さな山の山頂から、南斜面に向かって細長く延びる4500㎡くらいの山林です。

高いところで標高130メートル、眺めはいいはずですが、今はクマザサや枝に阻まれています。


少しずつきれいに、人が歩けるようにしていきたいです。





人口減少社会の処方箋

f:id:takumi_jun:20170826180934j:plain


ここ最近、日本の人口減少について取り扱う書籍やニュースが増えてきたように感じます。これからはもっと増えて、インフラの劣化なども日常的なニュースになるでしょう。


ただ、人口減少社会に対する効果的な処方箋について、まだ目にしたことはありません。


どの自治体も模索中なのは分かります。とはいえ、具体的な処方箋の絵がないと、将来への想像をすればするほど不安ばかりが膨らみます。


その処方箋の答えとして、僕が一つの仮説としてもっているのは、柔軟に調整できる自給自足です。完全な自給自足から部分的な自給自足まで、状況によって調整することができれば、国や自治体に頼ることなく自立が可能になります。


インターネットの情報と、世の中にあふれているものを使えば、昔より自給自足は簡単にできるのではないかと。


大磯の山林をある程度開拓したら、自給自足のテストをしてみようと思います。


このブログの出発点である、なんちゃって自給自足ですね。


みかんなどの果樹園を作り、太陽光パネルで自家発電をし、可能であればツリーハウスも作ってみる。生活用水は雨水を貯め、飲料水は山なので横井戸を掘る。


たまの夜にはツリーハウスに小さな明かりを灯し、夜景と海と星空を楽しみながらコーヒーを飲む。


健康維持の運動としてその過程を楽しみながら、山林についての理解を深めていく。


そんなイメージを抱きつつ、少しずつ進めて行きたいと思います。







年末


f:id:takumi_jun:20171224150602j:plain


久しぶりの更新です。気づくと今年も残り一週間。歳を重ねるごとに、時間が経つのが早くなる。


今年もいろいろありました。山林開拓は暑くなり始めてからめっきりでしたが、また少しずつ再開していきたいと思います。


来年はどんな年になるのか。日本の人口減少が徐々に速度を上げていく中で、景気はアメリカから後退してくるでしょう。そろそろ大きな引き潮がまた音を立ててやって来るかもしれません。


ただ、何があっても地に足をつけてやるべきことをやっていく。来年はそんな年にしていきたいです。

1ヶ月ぶりの山林開拓

f:id:takumi_jun:20170506123730j:plain


4月は中旬以降仕事一辺倒。


久しぶりの山林開拓、みかんの苗を持ち、現地にいくと、、、


f:id:takumi_jun:20170506124257j:plain


現地は山の上にあり、南向きの斜面から海が一望できるはずが、新緑が凄すぎて海が全く見えません。


草刈りがんばります。